2018年11月15日

最後はアバでパテ作り

サイボクの食材、最後に登場するのはアバ(内臓類)を使ったパテドカンパーニュです。2年前にオギノ流のパテを作りましたが、今回はオーソドックスな製法、とは言ってもその配合は実に様々なパターンがあります。

IMG_20181115_052913-001.jpg

今回はちょっと贅沢にカシラ肉をメインに、レバー、バラ肉を粗いペースト状にし、アクセントにハツとタン、背脂を加えました。味付けは塩胡椒のみ、いろいろな部位の肉をシンプルに楽しもうという寸法です。タマネギ、ニンニクはもちろん自家製。

IMG_20181115_173723-001.jpg

加熱温度と時間も様々ですが、今回は120度で2時間。生はダメだけどし過ぎるとパサつく、微妙なところですが何とかうまくいきました。久しぶりに作ったので改善点もいくつか。それにしては割りと味が良かったので、レシピを変えてまたサイボクのアバで作ってみようと思います。
posted by bourbon_ueda at 00:00 | Comment(0) | 食べたもの