2020年01月15日

初めてアナゴを焼いてみた

私の好きな三大鮨ネタは、コハダ、シャコ、そしてアナゴです。いずれもいわゆる仕事のしてあるネタで、そしてウニやイクラなどと比べて安いです。子供の頃、父親に鮨屋に連れて行ってもらった際、「お前と行くと安く済むなぁ」と言われたことを覚えています。

IMG_20200115_142504-001.jpg

そのアナゴ、年間300日ほど炭火焼きをやっている中で、実は一度も焼いたことがなかったのです。一番大きな理由は、リーズナブルな素材が売っていないから。おいしそうだなと思うものは高く、安いものは食指が動かない。そこへ今回、たまたま地元で良さそうなものを見つけました。炭火焼きならではの皮目のコンガリです。

IMG_20200115_142821-001.jpg

結果、抜群にうまかったです。多分同じ素材をガスコンロで焼いても全然ダメだと思います。よくある表現ですが、周りはカリッ、中はフワッといった感じです。もちろんアナゴは、かつてよく「土手の伊勢屋」に行っていたように、天ぷらも格別です。しかし今度もまた炭火焼きかな。
posted by bourbon_ueda at 00:00 | Comment(0) | 食材のこと