2018年07月17日

炭火と電気のローストポーク

三元豚というのは平田牧場のブランド豚のように言われているかもしれませんが、もともとは三種の豚を交配させた品種全般のことを指します。なので日本以外でもあり、最近カリテプリで継続して使っているのがカナダの三元豚です。今回は肩ロースのブロックを二つの方法でローストポークにしました。

IMG_20180717_201546-001.jpg

一つはいつものオーブンで。低温でじっくり1時間。

IMG_20180717_201556-001.jpg

もう一つはこの炭火。オーブンと同じになるように、なるべく弱い火で長時間。炭火の良さはその火力ですが、ここは封印。

見た目はほとんど変わりませんが、若干オーブンの方がジューシーに仕上がっているかなと。無理に炭火で作らなくても、例えば屋外で炭火しかない場合でもできますよという程度です。

逆に言うと、強い火力で表面をガリッと焼くこともできるので(というかそれが真骨頂)、改めて炭火の素晴らしさを実感した次第です。
posted by bourbon_ueda at 00:00 | Comment(0) | 食べたもの