2018年06月04日

これ以上ない新鮮ワラビ

周りに山菜はふんだんにあるはずですが、どこに生えているのかわからないのと、基本的に人の山なので勝手に入ってはいけないだろうとうことで、庭先で細々とギョウジャニンニクやコゴミを育てている程度です。そこへこの度、お客さんから大量にワラビをいただきました。

IMG_20180604_182140-001.jpg

早速お湯を沸かし、一晩アク抜きしました。そして翌日水にとったのがこれ。普段ほとんど食べないワラビですが、これは見た目がとてもきれいでおいしそう。実際、この日はシンプルに醤油と鰹節で食べましたが、抜群においしい。あってもそんなにたくさん食べないであろうワラビですが、これは箸が止まらなくなりました。

IMG_20180603_194324-001.jpg

この前の日はアク抜きする前のワラビを天ぷらにして食べました。サクッとした外側とぬるっとした内側のコントラストが面白いです。

料亭に行って高いお金を出せばおいしいワラビは食べられるでしょう(行きませんが)。それでも収穫してからある程度時間が経ったワラビです。しかし今回のは穫ってすぐに調理ですから、これ以上の新鮮さはありません。もちろん、料亭よりもうまい(行ってませんが)。さよなら外食。
posted by bourbon_ueda at 00:00 | Comment(0) | 食材のこと