2006年07月20日

一部上場のラーメン

IMGP2144.jpg

ラーメンの低価格化が熾烈です。きっかけは「日高屋」だったと思います。それから大阪から「びっくりラーメン」が進出してきました。日高屋が290円、びっくりラーメンが180円です。

それ以前に比較的低価格で名を馳せていたのが「幸楽苑」でした。もとは390円です。さらなる低価格による包囲網で苦戦したかどうかわかりませんが、少し前にこれを290円に値下げしました。

企業努力のたまものというか、この値段でこの味は見事なものです。600円も700円もとって大したことのないお店がある中で、これはとても価値があります。

そしてこの幸楽苑、一部上場企業です。ラーメン屋さんというと個人経営のイメージが強いですが、日本で一番大きなラーメン屋さんではないでしょうか。

と、この記事を書く上で情報を確認していたら、何と日高屋も一部上場になるそうです。再訪してみましょうか。
posted by bourbon_ueda at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 食べたもの
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: