2015年02月23日

念願の牡蠣の一斗缶

今年は牡蠣の生育が今ひとつらしく、値段も高止まり、数量もあまり出回っていないようです。もう4年になりますが先の地震もあって、産地は今や広島が圧倒的で、その次は宮城、岡山、兵庫、岩手、三重と続くそうです。同じ瀬戸内でも岡山や兵庫は新興の産地らしいですが、これまでいろいろと食べてきた中で私たちはこれらの産地がお気に入りになっています。今シーズンは冷凍ものは広島、殻付きは石川、宮城、岩手を食べましたが、やはり違います。

R0014246.JPG

その岡山の牡蠣を、かねてよりいつかはと思っていた一斗缶で買いました。食べる適量がどうかというよりは、とにかくこの一斗缶のボリュームが魅力だったのです。もちろんその分割安で、今回は訳ありという小ぶりなものばかりでしたが、十分リーズナブルで食べ応えがありました。また、一斗缶自体が欲しかったという理由もあります。

R0014247.JPG

もちろん定番の炭火焼きで。岡山や兵庫の牡蠣は殻が薄いのですぐに火が通ります。また、殻の大きさのわりには身が小さいといった見かけ倒しのものが少ないので、殻が小さくても身はそれなりの大きさです。あと、生で食したときの味が三陸などのものに比べて全然違います。まるで岩牡蠣のようにミルキーです。

R0014248.JPG

中にはこんな小さいカニが入っているものがあり、もちろんこれも加熱されているので丸ごと食べました。ほかにも殻にムール貝の小さいものが付いていたりして、これもきちんと食べました。さながらシラスやチリメンジャコに入っているそれ以外の生物を楽しんでいるようです(チリメンモンスターと言うらしいです)。

R0014249.JPG

身はぷっくら、小さくてもしっかり味があります。やはりこの産地が一番かと思います。

R0014251.JPG

食べた後の殻は洗って干し、別の用途に使います。今回のは以前のように牡蠣殻石灰とはしません。何に使うのかはお楽しみに。

この一斗缶牡蠣、リピート必至です。この楽しさがやめられません。
posted by bourbon_ueda at 00:00 | Comment(0) | 食材のこと
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: