2015年09月10日

龍の瞳というお米

KIMG0081.JPG

以前テレビで見て知ってはいた龍の瞳というお米をこの度いただきました。確か、たまたま田んぼに生えていた抜群に大きな稲の苗を選抜して、専用の品種に育てたというような話だったと思います。

KIMG0084.JPG

写真ではわかりづらいかもしれませんが、その特徴の一つは粒の大きさです。洗米する前からこれはちょっと違うぞ思いました。しかもこれは吸水時間が不要とのこと、洗って(最近のお米は研ぐ必要はなく洗うだけで十分)すぐに炊くのだそうです。

水も通常より少なめでいいとのことでしたが、今回はそれでも少し多かったようで、柔らかいご飯に仕上がりました。食感はもちもち、日本人が好きなお米の味です。

KIMG0088.JPG

こういうご飯の時はおかずは極力シンプルに。例えばうまい日本酒には肴は塩だけでいいといった具合です。この時期は秋ミョウガの最盛期なのでまずはこの甘津漬け。

KIMG0090.JPG

そして自家製味噌漬け。漬けものが自家製なのはもちろん、味噌も、その原料である大豆も自家製です。

KIMG0091.JPG

さらに糠漬け。一緒に見えるのは水ナスとセロリの糠漬けです。おいしいご飯だとこれで十分です。

今回はもう一つ、早くも今年の新米をいただきました。この地では収穫は今月下旬から来月上旬です。米離れが進んでいますが日本の米文化は本当に大したもので、輸入小麦のパンなどを食べている場合ではないなというのを、移住してから改めて感じました。
posted by bourbon_ueda at 00:00 | Comment(0) | 食材のこと
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: