2015年12月29日

マグロの尾の身と頬肉など

先日の清水行きでは「ザ・サンキュー」という、店名だけでは何のお店かわからない持ち帰り寿司店を見つけました。寿司店ですが魚自体もいろいろ売っており、もともとは鮮魚店ではなかったのかなと思わせる品揃えでした。

KIMG0567.JPG

前日の四色丼ではマグロのブツと中落ちを、そしてこの日は炭火焼き、まずは尾の身です。よくテールなどと称して輪切りが売られていたりしますが、これは縦切り。一見どこの部位かわかりませんが、これがとてもおいしい。ゼラチン質たっぷりで大満足でした。

KIMG0568.JPG

次に頬肉。こちらは筋肉質で弾力があります。尾の身とは好対照でこれもおいしい。テールも頬肉も牛肉だとかなり良いお値段がしますが、マグロの場合は格安。

KIMG0569.JPG

そしてこれらはよくわからない部位ですが、お店の方に聞くとカマの周りの部分だとか。骨もありますがハラリと剥がれ、食べやすいです。脂はあまりありませんが、ボリューム満点。いずれも炭火焼きならではのおいしさでした。

こうした一見調理方法に困るような食材は安いのが嬉しい。これら3つで1,000円もしませんでした。こうした部位が出てくるのも、魚を丸ごと仕入れて店で解体しているからですね。目玉のパックもありましたし。なので安くて良い寿司が提供でき、人気店のようです。再訪必至。
posted by bourbon_ueda at 00:00 | Comment(0) | 食材のこと
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: