2006年11月16日

全国生産量2位のそば

IMGP2658.jpg

つい最近知ったことですが、そばの生産量が最も多いのは北海道で、何と次が茨城県ということです。3位の長野県を押さえてのことで、これには驚きました。

たまたま仕事で茨城県に行ったので、何とかそばを食べさせてくれるお店を探して行ってきました。国道118号線沿いにある「水ぐるま」というお店で、外には大きな水車が回っています。この近くの金砂(かなさ)というところが有名なそばの産地だそうです。

そしてこの地方独特の食べ方として、そばをけんちん汁につけて食べるというものがあります。メニューには「ざるそば」と「けんちんざるそば」があり、けんちんざるそばの写真にはざるそばにけんちん汁がついています。どちらも同じ525円とあれば、けんちん汁がついている方がお得だと思って注文するのは自然でしょう。

ところがこれは、通常のそばつゆの代わりにけんちん汁がついているのです。そばを食べるときは必ず一口目に何もつけずに口に運んでそばの味自体を確かめますが、その後けんちん汁につけてしまうと味がわからなくなってしまいます。

そこで追加で通常のそばつゆを頼みました。105円で出してくれます。けんちん汁にはそば湯はありませんが、これにはついてきます。やはりそばは醤油味のつゆで食べないと。

カリテプリではありましたが、これはざるそばに汁物としてけんちん汁がついてくると考えた方がよさそうです。
posted by bourbon_ueda at 00:00 | Comment(0) | 食べたもの
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: