2016年11月30日

今度は豚ハラミ一枚焼き

KIMG1699.JPG

先日豚のナンコツは塊で買っても焼く時はスライスと書きましたが、今回の豚ホルモンはハラミ、これは丸ごと一枚焼きです。もともと切らずに一枚で売っているのも珍しいかと思いますが、今回見つけたのは富士宮市の北部にある「豚珍館(とんちんかん)」というところ、通常富士宮市街に抜けるルートの裏道にあるお店で、通りがかりでたまたま見つけました。

焼き鳥ならぬ焼き豚屋さんでよく見かけるハラミですが、これは今までのイメージとはかなり違いました。ホルモンっぽくない、肉のような食感と味です。ホルモン特有の臭みがまったくなく、黙って出されれば間違いなくハラミとはわからないでしょう。

KIMG1696.JPG

モツも同時に買い、焼きましたが、これもまったく臭みがない。これまでいろいろなところのものを試していますので、その違いは歴然です。これらは「ヨーグル豚(ヨーグルトン)」というブランド豚のもの、もともと牛の飼育が盛んな地域ですから、そこから出た牛乳を原料としたヨーグルトがその名の由来でしょう。

この「豚珍館」は再訪必至、ほかにもいろいろと買いたいものがありましたが、今回はほかの買い物もあったのでとりあえずここまで。また後にレポートする機会があるかと思います。
posted by bourbon_ueda at 00:00 | Comment(0) | 食材のこと
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: