2016年12月30日

ブリの切り身を生、皮を焼き

ブリが旬ですね。刺身、照り焼き、しゃぶしゃぶと多用途ですが、通常切り身で売られているものを刺身で食べようとは思わないでしょう。刺身で食べるならそのように薄切りされているものか、サクで買って自分で刺身にするかだと思います。

KIMG1747.JPG

しかし今回は通常照り焼きなどにするかと思われる切り身、これを刺身にしました。なぜならば、店員さんの説明に基づいたから。一般にこのようなものを刺身にするのはリスキーで、その店員さんも刺身で大丈夫とは決して言っていませんでした。そこは自己判断、話を聞けば早いうちなら大丈夫だなと思って決行しました。そしてこれが抜群にうまかった。他のお店で刺身用として売られているものよりもずっと。

KIMG1761.JPG

切り身なので皮が付いており、さすがに皮は生では食べません。そこで後日、これを炭火の上のスキレットで焼きました。以前いろいろな魚の皮だけを焼いてナンバーワンを決めるというテレビ番組がありましたが(タモリ倶楽部です)、それを彷彿させる写真です。

KIMG1763.JPG

皮目はパリッとして大変おいしかったです。どこの売場でも試せるパターンではありませんが、信頼できるお店ならこれはとても良い食べ方です。鮮度が良ければ生食はOK、それをある理由で加熱用と表示せざるを得ないのです。それは何かというのは、各お店に訊いてみるのが一番かと。
posted by bourbon_ueda at 00:00 | Comment(0) | 食材のこと
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: