2017年03月09日

今度は国産生タラのムニエル

KIMG1918.JPG

先日タラのおいしさに改めて気付いたことを書きましたが、それはアメリカ産の塩タラ。アメリカの魚というとイメージが湧かないかもしれませんが、アラスカもアメリカです。昔ロシアから格安で購入した土地なのですよね。しかし今回は北海道産の生タラです。

KIMG1919.JPG

また炭火でスキレット焼き。前回も良かったですが、今回はさらにおいしく感じられました。これまでのタラのイメージは湯豆腐に入っている柔らかい身のもの。しかしこれはかなり弾力があり、もちろんうま味もあり、大変満足できます。

この大ぶりの切り身が5枚入って1,000円ちょっとですから、まさにカリテプリ。ちなみに前回とともにコストコ商品です。
posted by bourbon_ueda at 00:00 | Comment(0) | 食材のこと
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: