2017年03月11日

串焼きはなぜか楽しい

KIMG1924.JPG

以前にも書いた記憶がありますが、毎日のようにやっている炭火焼き、しかし同じ食材でもなぜか小分けにして串に刺して焼くと楽しいのです。イグノーベル賞でいつかこうしたどうでもいいことの科学的な解明をしてもらいたいものといつも思っています。今回は先日横浜に行った際に立ち寄った、かつて住んでいた長津田の精肉店で買った豚ホルモンなど。

KIMG1925.JPG

冬越しした自家製ネギとともに焼けばこんな感じ、

KIMG1926.JPG

コストコで買った格安の牛肩肉を自家製シソ漬けと巻いて焼けばこんな感じです。いずれも串に刺さずに焼くのと比べればなぜかワクワク感があります。この辺のところは、今流行りの行動経済学でも研究してくれないかなと思っています。

同じ串焼き屋さんでも、焼き豚や牛串もある中でやはり焼き鳥は串に刺してならではの料理だと思います。同じ素材でも串に刺せば価値が上がる、これは見逃せない観点でしょう。
posted by bourbon_ueda at 00:00 | Comment(0) | 食べたもの
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: