2017年03月14日

カナダのスペアリブ、塊とバラ

KIMG1927.JPG

何しろ骨付き肉が大好きです。羊の背肉が一番、鴨モモ肉のコンフィ、牛テールの煮込み、肉だけでなく魚もカマやアゴ肉など。豚ではソーキや豚足もいいですが、もう一つはスペアリブです。今までコストコではUSのセントルイスカットという脂を取り除いたものを買っていましたが、今回は初めてのカナダもの。一回目はこうして塊で焼き、

KIMG1933.JPG

もう半分は翌々日こうしてカットして焼きました。いずれも水っぽかったUSものより良かったです。しかも100g100円を切っています。骨込みの重さとはいえ、骨の近くだからのうま味もあります。魚でも中落ちがそうですよね。牛肉でもリブフィンガーが焼肉屋さんでは中落ちカルビと呼ばれ、安くておいしいです。

KIMG1928.JPG

一回目にはついでにこの牛ホルモンも焼きました。ホルモンとは内臓類の総称のほか、特に小腸を指して言うこともあります。先日久しぶりに行った、以前の居住地の精肉店でのものです。かつて豚のレバ刺しに感動したお店でしたが、今は牛とともに豚も禁止されているのでしょうかね。

スペアリブを好んで食べる理由がもう一つ。地元の方が飼っている愛犬へのプレゼントなのです。骨を持って行くと大喜び、しっかり覚えてくれているようです。
posted by bourbon_ueda at 00:00 | Comment(2) | 食材のこと
この記事へのコメント
わん!(うれしいです)
わん!(お待ちしています)

飼い主が代筆しました!
Posted by もも at 2017年03月20日 19:45
ももちゃん、コメントありがとうございます。わん!(今度お持ちします)
Posted by bourbon_ueda at 2017年03月21日 04:47
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: