2017年03月31日

世界のソーセージを堪能

上野原に「ハヤリテラス」というシャルキュトリがあります。もともと上野原ではなく、東京で営業していた方が上野原に開いたお店です。地元局のテレビで知って興味があり、少し前にコストコの買い出しに行った帰りにまとめて買ってきていました。冷凍なので保存が効きます。

KIMG1988.JPG

それがこの5種類、いつ食べようかとずっと眠っていたのですが、この日ようやくその機会となりました。

KIMG1989.JPG

まずは中近東(モロッコ、チュニジア、アルジェリア)のメルゲーズというもの。羊ベースでスパイスがかなり効いています。そして羊の味が濃い。羊好きとしては嬉しい限りですが、慣れない人はどうかといったレベルです。

KIMG1990.JPG

次はタイのサイウアというもの。いわゆるタイカレー味ですが、レモングラスが強烈に効いています。一つ目のメルゲーズもそうですが、味の特徴が強く出ていて好感が持てます。何しろ巷の料理では“優しい味”というのが多いですからね。

KIMG1991.JPG

次はブラジルのリングイッサというもの。豚のホルモン類がいろいろと入っているソーセージで、これもまあまあ良かったです。

KIMG1993.JPG

そしてアンドゥイエットと、

KIMG1994.JPG

ブーダンノワール。この二つはずいぶん前から食べ慣れているので、悪いけれど私たちのハードルは高いです。サラマンジェパラザの料理が懐かしいです。

いずれにしてもここのソーセージは、特にフランス以外の食べたことがないソーセージはまた試してみたいと思いました。ここの店主はシャルキュトリの専門書も著わしており、以前図書館で借りたこともありました。お店に行ったのは本を読んだ後のことです。いずれまたレポートしたいと思います。
posted by bourbon_ueda at 00:00 | Comment(0) | 食べたもの
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: