2017年06月26日

憧れのラム串を真似てみた

羊齧(ひつじかじり)協会という団体が数年前にできました。羊肉好きの消費者や、それを提供する飲食店や流通業者が集まる会です。無類の羊好きの私としては(未年でもありますが)、東京や横浜に住んでいる時であれば間違いなくメンバーになり、各種イベントに参加していたのですが、この山麓にいては難しいといつももどかしい思いをしています。

そのメンバーのお店の一つが、東京神田にある「羊香味坊」という中華のお店なのですが、以前よりいつかは行ってみたいと思っていたこのお店が、この度テレビ場組「食彩の王国」で紹介されてしまいました。その看板メニューがスパイシーに味付けしたラムの串焼き、これをいつかは食べたいと思っていたのでした。

KIMG2206-001.JPG

そこで、今回コストコで買ってきたいつものラム肉を使って真似てみました。作り方は少しだけ番組に出ていて、特徴は卵を使ってコーティングすること、周りにクミンやゴマをたっぷり付けることくらいしかわかりませんでした。そして炭火焼き。

KIMG2207-001.JPG

見た目は似たような感じですが、味は多分こうじゃないだろうなと。これはやはり本家に乗り込んでいって食してみなければ。実はここ以外にも羊料理を食べたい店があり、これから忙しくなる畑が一段落したら、つまりは秋頃にはぜひこうした東京ツアーを組みたいと考えています。
posted by bourbon_ueda at 00:00 | Comment(0) | 食べたもの
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: