2017年07月26日

コストコサーモンの選び方

これまで何度も買っているコストコの生サーモン、正直これまで当たり外れがあり、しばらく買わない時期もありました。この日訪れたのは前橋のコストコ、そこでもいつものサーモンがありましたが、店員さんの一言が良かった。同じパックでも身の大きさや質、それに切り方で一つ一つ違うそうです。

KIMG2328-001.JPG

今回勧められたのがこのパック、注目するのは左右ではなく上下の幅。腹の脂が巻いているくらいの大きさがいいとのことです。確かにその方が個体としては大きく太っているはずですからね。そして今回はどのパックも尾に近い方がカットされているので、同じ重量でもお得だそうです。確かにg単価が同じであればなるべく頭に近い方がいいですからね。

KIMG2329-001.JPG

身の違いは判の大きさよりも身の厚さだそうです。見づらいかもしれませんが、確かにこれは厚みがあります。

KIMG2330-001.JPG

この日食べるサクはこんな感じ。何しろ1パック3,000円代なので、これまではなるべく安いものを選んでいましたが、それはなるべく薄いものを選んでいたことになります。それじゃ期待外れになるわけですね。

KIMG2332-001.JPG

結果、大満足でした。同じコストコサーモンでもこうも違うのかと。要は身の幅が大きいもの、身の厚みが大きいもの、逆に身の長さがあるものを選んではいけません。これは1パックいくらが安いとか高いとかという次元ではありません。今まで私たちはなるべく絶対単価の安いものを選んでいましたが、これは間違いです。
posted by bourbon_ueda at 00:00 | Comment(0) | 食べたもの
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: