2017年11月20日

豚ナンコツの炭火焼き

ナンコツという部位は体の方々にあるのでしょうが、豚ナンコツと言えば首ナンコツのことです。これは以前よく行った埼玉のサイボクでは丸ごと売られているのですが、通常見る形は輪切りにされているものだと思います。しかしそれでも普通のスーパーで豚ナンコツが売られていることはあまりないと思います。

KIMG2532-001.JPG

それが韮崎の「ザ・ビッグ」では置いてあるのです。イオン系の食品DSで、例えば賞味期限が近い加工食品を格安で売っていたりしています。わが家では丸大豆醤油や砂糖などをよく買うのですが、全般的にやはり安いです。この豚ナンコツ、冷凍ですが塩胡椒をして炭火焼きにするとかなりおつまみとしていけます。

KIMG2533-001.JPG

薄くスライスされているので短時間でさっと焼き、このようにすぐに縮んでしまいます。肉も付いていますが主にはその骨の食感、コリコリ感がたまりません。ずいぶん前に越後湯沢にスキーで通っていた際、なぜか現地でこの燻製が売られており、よく買い求めたものでした。

KIMG2531-001.JPG

同じ「ザ・ビッグ」ではこの豚モツもよく買います。いろいろなところで買ってきたこの豚モツですが、かなり味のバラツキがあります。これは値段のわりにはまあまあといったところです。

サイボクは近くて遠い、ではなく遠くて遠い存在なので、もう数年行っていません。豚モツはやはりここが一番だと思います。今はネット社会なので、その近くの方がこちらの希望の商品を買って送ってくれる代わりに、その方がご希望のこちらの商品を私たちが買って送るといったマッチングサービスがないかと思っています。
posted by bourbon_ueda at 00:00 | Comment(0) | 食材のこと
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: