2018年01月24日

久しぶりのカレダニョー

ずいぶん前に聞いた話ですが、サミットの総料理長も務めた有名なフランス料理人が、ある料理講習会でテーマ食材が仔羊だった際、「今日の食材はダニョーです」と言ったそうです。正確にはフランス語で仔羊はアニョー、ではなぜダニョーと言ったかというと、部位との組み合わせで例えばセルダニョーとかカレダニョーと呼ばれていて、間の「ダ」というのは前置詞のde(ドゥ、英語のof)がその後のagneau(アニョー)とくっついて「ダ」となっているわけです。

KIMG2631-001.JPG

そのカレダニョー(仔羊の背肉)を久しぶりに焼いて食べました。移住する前の10年以上前は安かった羊ですが、その後のカルニチンブームからかずいぶんと値上がりしてきました。カレダニョーの購入の目安は、以前は100g298円だったのですが、今や398円が普通になっています。スペアリブに至っては98円などということもありました。

KIMG2632-001.JPG

今回たまたま行った富山のコストコで、賞味期限が近いせいか100g218円くらいで売られていたので即買いです。こうしたよくあるレストランでの一人前骨付き二枚が約500円で食べられるのはカリテプリこの上ないです。通常価格だとこの倍近くしますが、それでもやはり背肉はうまい。火の通し加減がかなり繊細ですが、久しぶりにその脂のうまさを堪能できる羊肉でした。

未年の私は無類の羊肉好きなので、今後も通常価格でもいいからこの羊肉を追跡してみようかと思いました。
posted by bourbon_ueda at 00:00 | Comment(0) | 食材のこと
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: