2018年07月14日

モッツァレラを作ってみた

原語に忠実ならモッツァレッラでしょうが(カッペリーニも本当はカペッリーニ)、一般的な表記のモッツァレラチーズを作ってみました。もともとノンホモ牛乳でないとできないと思っていたのが、低温殺菌牛乳でもできるということを知ったからです。

これまで味噌を作る時に(もちろん大豆は自家製)買っていた麹を、今度は麹菌から自分で作ろうと思っていたその通販サイトに、同じ微生物つながりでしょうかレンネットなどの手作りキットが売っていました。善は急げ(急がば回れとも言いますが)、早速取り寄せて作ったのがこれです。

IMG_20180714_175608-001.jpg

1リットルの牛乳からこれだけ、あとは大量のホエーが出ます(もちろん捨てません)。どうなるかと心配しましたが、どうにか形にはなりました。活躍したのはいつもヨーグルトや納豆を作っている発酵器です。

IMG_20180714_175910-001.jpg

本来表面はもっとツルツルになるはずですが、熱湯の中でこねるのに必要な耐熱グローブが片方しかなかったのが響きました。引きちぎるというイタリア語に由来するチーズなので、本当は両手で作業をしたかったところです。

IMG_20180714_180045-001.jpg

一応定番のカプレーゼに。もちろんトマトとバジルは自家製。初めてなので次回からはもっとうまくできると思いますが、気になるのがそのコスト。これ1個作るのに約500円かかります。レンネットなどを業務用の大容量のものにすればもっと下がりますが、さて今後どうしましょう。あと3つはできます。
posted by bourbon_ueda at 00:00 | Comment(0) | 食材のこと
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: