2019年06月17日

新鮮ワラビはアク抜き不要

今年もいただきました、とれたてのワラビ。いつもワンちゃんを連れてキャンプ場に行く方が、そこでまた摘んできてくれたのでした。それも大量に。早速湯通しです。

IMG_20190617_182749.jpg

一般にワラビはアク抜きしますよね。灰とか重曹とかで。でも新鮮なワラビはこうしたものが要らないのです。ただ熱湯をかけてそのまま冷ますだけ。まぁそれがアク抜きとも言えますが、アク抜きのための特別なものは要らないということです。

昨年もそうでしたが、ワラビなんてそうたくさん食べるものではないのに、これはいくらでもバクバク食べられます。よくある山菜そばの上に乗っているワラビとは全然違いますよ。どの食材でもそうですが、これってこんなにおいしいものだったんだと思う一つです。

山菜というと春のイメージがありますが、ここのワラビは今です。大満足。
posted by bourbon_ueda at 00:00 | Comment(0) | 食材のこと
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: