2009年06月02日

ラムのウデ肉

P6020108.jpg

内臓はもちろん、スネやクビといったあらゆる部位を食べることができる肉類ですが、ウデ肉とは初めて聞きました。まあ前足のスネ部分ということになるのでしょうが、これはラムのウデ肉です。

見た目は硬そうで、やはりスネと同じように煮込みしかないかなと思いましたが、こうして焼いても意外といけました。というか、焼き方もあるのでしょう。最近は強火で表面を固めることなく、じっくりと中弱火で肉汁を閉じこめる技法が正解かと思わせるようになりました。

これでこの日もワイン2本です。
posted by bourbon_ueda at 00:00 | Comment(0) | 食材のこと
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: