2009年08月21日

自家製ケチャップ

P8210016.jpg

ケチャップのことを軽く見ていましたね。自分で作るとなると作業が大変なのが一つ、素材の味が凝縮している贅沢なものであるという認識が一つ、新たな発見でした。

作業については、とにかくひたすらトマトを煮詰めていく作業が1時間以上続きます。火を弱めることがないので、濃度が濃くなってくるとこれが腕や顔に飛んでくるわけです。そりゃあ熱いですよ。

それと、これだけの量を作るのにトマトを10個ほど使っています。ざく切りして入れると直径30cmほどの鍋に目一杯です。これに調味料を入れて煮詰め、量としては何十分の一になるでしょうか。確かにうまいわけです。

例えばエビチリを作るのにケチャップを入れるなどと聞くと、何か手抜きのような印象もあったのですが、ケチャップは立派なソースです。オムレツにかけるだけではなく、これを活かした料理を真剣に考えなければ、この苦労は報われるものではありません。
posted by bourbon_ueda at 00:00 | Comment(0) | 食材のこと
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: