2010年09月21日

小皿料理の多さで盛り上がる

通販番組の常套手段として、商品本体の価格を提示した後に追加でこれも付きます、これも付きますとたたみかけるパターンがあります。それと同じというわけではありませんが、韓国に行くと一品料理にいろいろな小皿料理がたくさん付いてくるというのを聞いたことがあります。

10P9210016.jpg

この日は小淵沢から移転した「釜山港」で初めてランチをいただきました。チゲのセットが3種類、スンドゥブ、キムチ、テンジャン(味噌味)があり、これはキムチチゲです。

P9210017.jpg

そしてこれらが小皿類、1人前でこれだけの種類があります。メインのチゲが出てきた後に、何回にも分けてどんどん出てくるこれらの品、その演出だけでも結構盛り上がるものです。中には普段なかなかお目にかからないような一品もありました。

食べ終わった後に気付いたのは、ランチメニューを記した紙に裏面があったことです。チゲのセットのほかにプルコギやホルモン焼きなどのメニューもあるじゃないですか。今回食べたものも含め価格はどれも900円、今度はこちらを試さねばと思いました。
posted by bourbon_ueda at 00:00 | Comment(0) | 食べたもの
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: