2011年01月09日

フグの卵巣を食べる

P1090251.jpg

フグの卵巣といえば、肝とともに猛毒があってそのままでは食べられないものです。ところがこれを長期間糠漬けすると毒が消え、食べられるようになるというのは話では知っていました。この度この貴重な品をいただく機会があり、恐る恐るではないですが初めて食べました。日本酒のつまみに、ご飯のおかずにピッタリです。

P1090249.jpg

こちらは北陸地方で広く食べられているへしこ、サバの糠漬けです。現地ではサバのほかにイワシやフグ(こちらは卵巣ではなく身)などがあり、これも日本酒がよく進みます。お茶漬けにもいいでしょう。

魚は漬けると本当においしくなるもので、これら糠漬けのほかわが家ではよく粕漬けや西京味噌漬けなどを作って食べています。マグロのカマなどは2週間も漬けておくといいということで、以前実践したこともありました。最近は煮込み料理もそうであるように、時間が食べ物をおいしくしてくれるということを特に実感します。
posted by bourbon_ueda at 00:00 | Comment(0) | 食べたもの
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: