2011年08月04日

蒸気は火を消してからも効く

蒸し料理というのは少し前からブームですが、通常は火を点け放し、湯気を出し放しというイメージだと思います。ところが蒸気というのはそれが冷えて水に戻る際に大きなエネルギーを発するということで、火を止めた後も加熱調理ができるそうです。

P8040006.jpg

ということでやってみました、くんたまのためのゆで卵、ならぬ蒸し卵。鍋に蓋をして3分強火、もう3分弱火で火を止め、待つこと10分ほど。念のためにエッグメーターも入れておきましたが、確かに火を止めてからも加熱されています。

ただ、エッグメーターだとちょうど良い火の通り具合のはずが、実際に向いてみるとかなり柔らかめに仕上がっていました。この辺は火の強さとか時間、あるいは使う鍋によって調整が必要だと思います。それにしてもこれは驚きでした。
posted by bourbon_ueda at 00:00 | Comment(0) | 調理道具と食器
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: