2012年03月30日

地元で最高のレストラン

まず、前提条件があります。地元といっても広く捉えています。山梨県内だと甲府周辺まででしょうか、そして長野県だと諏訪周辺までを含めています。そしていろいろな料理のジャンルがある中、一番好きなフランス料理で満足を得ると評価が高くなってしまいます。あと当然、これまで食べたことのあるお店の中で、ということになります。

外食はほとんど昼間であり、その満足度によって夜の晩酌に入るときの気持ちの落ち着きがずいぶんと違うものです。その意味でも、この日は久しぶりの充実感とともに始めることができました。さんざん引っ張りましたが、そのお店とは茅野にある「la table de cafe ZO」、ラ・ターブル・ドゥ・カフェ・ゾーとなりますが長いので電話口でも「カフェ・ゾー」と言っていました。

12P3300004.jpg

コースが3種類ありますが、この日は前菜、メイン、デザートのコース。ほかに前菜の代わりにスープ、前菜とスープにアミューズが付くコースがあります。前菜は3種類の中から選ぶのですが、速攻でこのパテに決定。あれば必ず頼む大好物です。牛、豚、そして珍しい羊の入ったものです。

12P3300008.jpg

メインはこれも大好物の鴨のコンフィ。パテとの最強コンビは大げさではなく毎日食べても飽きないくらいです。

P3300009.jpg

そしてデザートはクレームブリュレの上に蜂蜜と胡桃のアイスがのったもの。これらにパン(おそらく自家製)とコーヒーが付きます。

特筆すべきは一つ一つの料理の完成度の高さです。同じような料理を出すお店はほかにももちろんあります。ビストロ料理の定番であるこれらの料理は大好きなので、それだけ多く食べ歩いています。見た目は同じでも味は大違いといったこともよくある中で、これは秀逸です。

最近は付け合わせに野菜を多く使うお店も増えています。ただ野菜を自分たちで作っている身としてはその味に感動することはほとんどありません。が、ここの野菜はどれも一つ一つそれぞれがおいしく、農家として認めたくはないがそれが正直なところでした。そしてその盛り付けも大変美しい。

もともとスイーツ好きでもない私にとっては、デザートの満足度は相対的に高くはないのですが、このクレームブリュレは久しぶりに本格的なものでした。これも形だけ真似たなんちゃってがある中で、都会にいたときに一番よく通ったレストランの味を思い出すくらいの完成度でした。

それと、店内というか室内と言った方がしっくりする建物のしつらえがまた素晴らしい。外観は古民家ですが、中に入ると旅館のようなぴかぴかの玄関と長い廊下、その奥には立派な床柱や明るい縁側、座敷や薪ストーブもあって、かなり贅沢なつくりになっています。まだ築24年ということで、天井や壁もきれいです。

この日も平日だというのに満席で(先日の下見の時も満席でした)、シェフとゆっくり話をすることはできませんでした。これだけの料理を出すお店ですから、今回のような大好物以外の料理も今度ぜひ堪能してみたいと強く思いました。

奥さんと少しお話ししたところによると、客層の違いで本来自分たちが出したいと思っている料理があまり売れないということでしたが、今後ともぶれずに続けていってもらいたいものです。再訪必至です。
posted by bourbon_ueda at 00:00 | Comment(0) | 食べたもの
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: