2007年10月09日

酸味とは酸っぱいことではない

PA090006.jpg

個人的に、蒸留酒は味のブレが少ないが、醸造酒は銘柄によって大きく好き・嫌いが分かれると思っています。ワインは何回良いブルゴーニュを飲んでもおいしいとは思わないし、日本酒はぐいぐい飲めるものと一口でご免というものの差がとても大きいです。

そのような中、とてもおいしい日本酒に出会いました。「風の森」なのですが、普通のものとは違います。以前住んでいたところの近くにあった酒屋さんからネットを通じて買ったものですが、店主の説明によると、2004年醸造2005年秋出荷、アキツホ米使用の純米大吟醸 斗瓶取り限定酒、蔵元冷蔵庫0度にて1年弱、お店の冷蔵庫3度にて2年弱冷蔵熟成させたものだそうです。

ワインもそうですが、銘柄だけでなくそれが一番おいしい時期かどうかというのが大きく味を左右すると思います。そのための“熟成”が回転率の良いわが家では極めて難しく、またいつ頃が飲み頃なのかの判断も難しいです。やはりこうしてプロの熟成に任せるのが一番だと思います。

私は日本酒の味についてボキャブラリーが豊富ではありませんが(ワインでもほかのお酒でもそうですが)、ストレートにこれはうまい!の一言です。日本酒については私より詳しい妻によると、酸味とのバランスがとても良いとのことです。私は酸味というのは酸っぱい味だとばかり思っていたのですが、いわゆるキレに相当するもののようです。風の森は今まで何度か飲みましたが、これは抜群でした。

酔ってくると限界効用が逓減してきてもったいないので、3杯くらいに抑えておきました。次に飲む日が楽しみです。
posted by bourbon_ueda at 00:00 | Comment(2) | 飲んだもの
この記事へのコメント
「風の森」お口に合いました様で幸いです。
>ストレートにこれはうまい!の一言です。
>酸味とのバランスがとても良いとのことです。
どちらも適切かつ素晴らしい評価で嬉しい限りです。

優れた技術で丁寧に醸されたお酒は熟成に時間がかかりますが、
飲み頃に達したものは、たとえ原酒でも口当たりが優しく、
ゆっくりと飲み続けられるのではないでしょうか??
豚肉の脂の美味しさををシンプルに味わえるお料理と
きっとよく合うお酒だと思います。

私も同じお酒を2年前に開栓し、常温保存で少しずつ試飲して
おりますが、今でも美味しく飲めます。
恐ろしくカリテプリな飲み方かも??
Posted by 酒do楽 at 2007年10月10日 23:15
酒do楽さん、コメントありがとうございます。今度ぜひ豚肉と合わせてみたいと思います。またおいしいお酒をよろしくお願いします。
Posted by bourbon_ueda at 2007年10月11日 05:05
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: