2012年11月02日

今どきのミキサーに驚き

R0010546.jpg

スープ屋を始めて改めて大活躍のミキサー、もう20年くらい前のものを使っていました。ミキサーは基本的な構造は昔と変わっていないようですが、一部劣化して欠けてきたりしていて異物混入となってはいけないので、この度新しいものを買い求めました。安いもので、ネットで3,000円もしませんでした。

さて今どきのミキサー、何が違うのかというと、一つは音、これまで当たり前と思っていたうるさい音に比べて幾分静かです。とは言っても使っているうちに慣れてきてやはりうるさいなと思いつつ、多分元の機種に戻ったら大変なことになるだろうなと。

もう一つは収納、今までは調理するのと同じ姿での収納でしたが、今回は食材を入れるガラス容器を逆さまにしてすっぽりモーター部分を包み込む形に。今では当たり前かもしれませんが、これもそのコンパクトさに一瞬感動、すぐに慣れ。

やはり一番の驚きはその価格でしょうかね。20年前のミキサーの価格を覚えているわけではありませんが、家電製品は軒並み以前の価格水準の意識では毎回驚嘆続きとなってしまうようです。先日も家電量販店で体重計の多機能さと価格の安さに驚いてきたところでした(衝動買いしそうになりましたが家に帰ってまだ今のが使えるでしょと妻にたしなめられました)。

このミキサーを買ったのは1ヶ月ほど前でしたが、その直後の地元のイベントではその動作の快調さが大活躍しました。そう、動力性能も上がってきているような気がします。
posted by bourbon_ueda at 00:00 | Comment(0) | 調理道具と食器
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: