2013年04月24日

ついにホームベーカリーを

ホームベーカリーには以前から関心があり、パナソニックのGOPANが出たときには真剣に考えました(発売当時はサンヨー)。何しろ自分たちで米を作っているので、米粉ではなく米自体を使ってパンができればいいなとずっと思っていました。が、GOPANは専用の小麦グルテンが必要、米を砕きときの音がうるさいなどの難点がありました。

R0011277.jpg

そこへ昨年発売された東芝のSuiPanDaという機種、これは文字通り米をおかゆ状に炊いて作るのでうるさくなく、専用の小麦グルテンも要らないということで当初から目を付けていました。価格の推移をずっとウォッチしていたのですが、もう潮時とばかりついに購入しました。考える時間は長く、決断は早く、注文翌日に到着です。

R0011279.jpg

早速特徴である炊いパンなるものを作ってみました。あれっ、思ったほど焼き目が付いていない。これは上の部分。

R0011278.jpg

ひっくり返してみるとしっかりと焼き目が。火は下からなので当然であり、オーブンで焼くのとは違うわけです。

まあ初回ですから自家用としてはこれでいいかなといったレベルです。今後微調整を重ねていきますが、何しろ自分たちで作った米でできるのが嬉しい。また、同じように自分たちで作ったいろいろな野菜を入れたバラエティパンも楽しみです。

ほかの機種と同様ピザ生地やうどんや餅などもできるので、これまで作ろうとも思わなかったいろいろなものを今後はどんどん作ってみたいと思います。消費税が上がるので、最終製品ではなく原材料を買って自分で作るのが生活防衛です。
posted by bourbon_ueda at 00:00 | Comment(0) | 調理道具と食器
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: