2013年08月20日

これが噂のホンビノス貝

巷で噂になっているかどうかわかりませんが、先日テレビで見た居酒屋でホンビノス貝なるものを供していました。これが初めての遭遇なら大して記憶に残らないかもしれませんが、その数日前に地元のスーパーで目にしていたのです。その時が初めての遭遇なので、聞き慣れない名前に何じゃそりゃ?という感じで買うのをためらっていたのですが、この時改めて遭遇してなるほどそういう扱いをされているのかと思ったのでした。

R0011966.jpg

それがまた同じ地元のスーパーで特売というチラシ、今回はしっかり買ってきました。皆が集まった翌日の炭火焼きで一緒に焼いてみました。見た目も味もアサリ系です。うま味が強く、もともとアメリカ産のこの貝、クラムチャウダーに使われているようです。

ホタテでもハマグリでもそうですが、貝柱が付いている方を下にして焼きたいのにその裏表がわかりませんでした。適当に並べたら確率的には半々になるはずですが、どういう訳かいずれも反対側、つまり上側に貝柱が付いていました。まさか下火の熱さで貝柱が移動するとか?

そしてそのうちの一つが何と空、中身がなかったのです。貝殻も明らかに古くてすでに割れています。貝自体は閉じていたのですが、、こういうものが混じってしまうのでしょうかね。このたった一つのために買ったスーパーにクレームするかどうか、今のところ思案中です。
posted by bourbon_ueda at 00:00 | Comment(0) | 食材のこと
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: